現在の加藤茶が激やせでヤバイ!?原因は超ブラックな嫁・綾菜か?画像あり!


20140520072011年に45歳差の“超年齢格差婚”で
話題になったタレントの加藤茶です
が、最近になって「激やせしてい
る」とネットを中心に話題になって
いるとのこと。
一体どういうことなのか、詳しくお
伝えしていきます!

sponsored link

プロフィール

【本名】
加藤 英文(かとう ひでゆき)
【ニックネーム】
カトちゃん
加ト茶
チャー坊
【生年月日】
1943年3月1日
【出身地】
福島県福島市
【血液型】
A型
【身長】
163cm
【最終学歴】
学法福島工業高校

加藤茶が激やせ?

2011年に45歳差の“超年齢格差婚”で話題になったタレントの加藤茶です
が、ここ最近、テレビで加藤を観た視聴者から「激やせしている」
「げっそりしている」などとネットを中心に話題になっているようです。

また、テレビ以外にも加藤の激やせしている画像が出回っているよで、
その噂の画像がこちら。

img_3

以前に比べると痩せ細ってしまった印象が見受けられます。

images (2)
現在

bcedbf8de25891d0cfab64274397e6a2_54
激やせ前

過去の画像と比べるとはっきりわかりますね。

この“激やせ”については、すでに70歳を超えている事もあり、単なる衰
えではないのかという見解もありますが、一方で再婚相手である現在の
妻・綾菜が大きな原因ではないかといった噂もされているようです。

底知れぬ超ブラック妻・綾菜

katotya

加藤茶の“激やせ”の原因ではないかと噂されている妻・綾菜。

結婚当初から「財産目当てで結婚した」などと言われていましたが、そ
ういった意見に反発するかのようにラブラブであることを強調し、これ
までも“年の差なんて関係ない”といったアピールを度々してきました。

しかし、そんなアピールとは裏腹に2011年に結婚してから現在まで、良
くない噂がネットを中心に数多く取り上げられており、今や“底知れぬ超
ブラック妻”とまで言われる程に。

今からその辺りについて見ていきましょう。

まずは料理について。

加藤といえば2006年に「大動脈解離」という心疾患をわずらい、手術
を行ったのですが、本来こういった大病を患った高齢者の食事には注意
が必要とされています。

しかし、加藤がブログに公開する妻・綾菜の愛妻料理はどれも脂っこ
く、とても健康面に配慮したものとはいえないようなものばかり。

風邪で喉をやられている際にも唐辛子たっぷりのモツ鍋が出されたなん
て話もあるようです。

katoh

90c16d21

sponsored link

さらには出張ホストを家に呼んだり、男友達と自宅でパーティーをし
ていたなんて話題も出てきています。

パーティーが行われたのは妻・綾菜の誕生日だったそうで、加藤のブロ
グには、この時のパーティの写真がアップされていました。

その様子がこちら。

3d214a053f95b530b16b69a8bc04ac96_0

5人の男性と2人の女性に囲まれて楽しく過ごす妻・綾菜の姿が映ってい
ますが、加藤はこの日、ロケのため外出しており不参加。

写真のメンバーは妻・綾菜の弟に、モデルなどをしている友人で、近く
のマンションに住んでおり、加藤が不在の時は入り浸っているらしく、
以前、マンションで花火をしたとして管理人さんに怒られたことがあっ
たそうです。

こちらは加藤も参加しているパーティーの写真。

d6a8e7da-s
妻・綾菜の友人である今風のチャラい若者がズラリと。
心なしか疲れ気味に見えてしまいます。

最近では妻の物欲を満たすために営業三昧だとか。

このように、何かと悪い噂が絶えない妻・綾菜。

加藤の精神的、体力的にも多大な負担がかかっているようにも思えるの
ですが、当の加藤自身はこのような現状に対してまんざら嫌そうでもな
く、入籍記念で旅行に行ったことについてブログで報告した際には、非
常に満足した様子で「本当に幸せです」などとのろけていました。

世間的には悪い噂が流れていますが、当の本人が幸せであれば“夫婦関
係は良好”といったところなのでしょうか?

なにはともあれ健康面には気をつけてもらいたいものですね。

関連記事⇒【画像】河北麻友子の身長、体重は?細すぎる脚が痩せすぎで“拒食症では?”と話題に!はコチラ♪

関連記事⇒西野カナが痩せた方法とは?激太り当時の体重や画像も公開!はコチラ♪

※(当ブログに掲載する情報・見解はあくまでも一説であり、その真偽を確定するものではありません。)

以上【現在の加藤茶が激やせでヤバイ!?原因は超ブラックな嫁・綾菜か?画像あり!】についてお伝えしました!

sponsored link

コメント