消えた芸能人、あの人は今!?女性タレント編~その③~過去から現在に迫る!


kieta-04消えた?干された?理由は色々ある
けれど、いつの間にやら消えてい
た!そんな芸能人の過去から現在に
ついて迫ります!

sponsored link

女性タレント編~その③~

競争が激しく入れ替わりの早い芸能界。

つい最近までテレビで活躍してたのにいつの間にか見なくなったな…。
なんて思うことありませんか?

ということで、消えた、干された芸能人の過去から現在について詳しく
お伝えしていきます!

①小阪由佳

kieta-01

「ミスマガジン2004」でグランプリ受賞すると、そこからグラビアやバラエティー番組を中心に活躍。

しかし2009年、東スポに引退を報じられると、その後、事務所のホームページからもプロフィールが削除され芸能界から姿を消すことに。

その後しばらくしてから、プライベートブログにて自身の変わり果てた激太り写真を掲載したり、過去の枕営業の実態を告白するなど話題になりました。

kieta-00

現在

2012年8月10日発行のフライデーにて、20kgの減量に成功したヌード写真を公開し、久々にメディアの前に姿を現したものの、芸能活動の再開については否定していました。

②川本真琴

kieta-02

「ソニーミュージックSDオーディション」の出場をきっかけに、1996年にシングル「愛の才能」でメジャーデビューすると数々のヒット作を連発するなど活躍。

1997年にリリースした1stアルバム「川本真琴」は、100万枚以上を売り上げ、第39回日本レコード大賞で「ベストアルバム賞」を受賞していました。

2002年に所属事務所を離脱すると同時にソニー契約を解消。これを期に表舞台から姿を消すことに。

現在

所属事務所を離脱してからはプライベートオフィスを設立し、舞台をインディーズシーンへと移し活動を続けていました。

2014年7月4日放送の「僕らの音楽」(フジテレビ)にて、地上波のテレビ出演としては実に13年ぶりに出演し、デビュー曲「愛の才能」を演奏。

この件に関してはYahoo!のトップニュースで報じられるなど話題となっていました。

sponsored link




③宝生舞

kieta-03
1993年、週刊ヤングジャンプの「第3回全国女子高生制服コレクション」に出場し1000人以上の中からグランプリを受賞し、「ツインズ教師」(テレビ朝日)でデビュー。

その後も「続・星の金貨」(日本テレビ)、「ショムニ」(フジテレ
ビ)など数々のドラマや映画で活躍。

しかし2010年5月31日、突然に女優業引退を発表。

公式サイトにて、「これからの人生、『宝生舞』としてではなく、また『役』としてでもなく自分自身をしっかりと確立させるため、この度の決断に至りました」と引退理由を述べていました。

現在

引退後はアメリカに渡り、2011年7月までロサンゼルスにある英語留学学校で勉強していたそうで、2013年1月9日にはNHK総合の歴史情報番組「歴史秘話ヒストリア」にて新島八重役で特別出演していました。

④岡本綾

kieta-05

1991年にデビューすると、1995年の映画「学校の怪談」でヒロインを演じ一躍注目を浴びる。

2000年にはNHKの連続テレビ小説「オードリー」で連続テレビドラマ初主演を果たすなど、その後もドラマや映画で活躍しました。

しかし、2007年5月に、「女優として内から引き出すものが無くなり、表現者としての限界を感じている。一度、自分自身を見つめ直す時間がほしい」という理由から所属事務所テンカラットを退社し、芸能活動を無期限休養することに。

これ以降メディアから姿を消しました。

現在

事務所を退社した本当の理由というのが実は、2006年7月に竹内結子の夫であった中村獅童が酒気帯び運転で検挙された際に、同乗していたところをスクープされたことだと言われており、この件で浮気がバレてしまった中村は竹内結子と離婚。

岡本自身もCMの降板など芸能活動を自粛する事となり、仕事は激減。
結果的に退社に追い込まれたと言われています。

その後はオーストラリアの男性との結婚などが噂されていましたが、はっきりしたことはわかっておらず現在は事実上の引退状態となっているようです。

関連記事⇒消えた芸能人、あの人は今!?男性タレント編〜その①〜過去から現在に迫る!はコチラ♪

関連記事⇒消えた芸能人、あの人は今!?エンタ芸人編~その①~過去から現在に迫る!はコチラ♪

※(当ブログに掲載する情報・見解はあくまでも一説であり、その真偽を確定するものではありません。)

以上【消えた芸能人、あの人は今!?女性タレント編~その③~過去から現在に迫る!】についてお伝えしました!

sponsored link




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント