【画像】なぜこんなに多い?プロ野球選手と女子アナの結婚~パ・リーグ編その①~


pro-11以前から野球選手は女子アナと結婚
または熱愛の噂になることが多く、
毎年のようにスクープされ話題とな
っています。そこで、今回はこれま
でに女子アナと結婚した野球選手に
ついてお伝えしていきたいと思いま
す!

sponsored link

パ・リーグ編その①

①松中信彦(ソフトバンク)林恵子(フリー)

pro-1

pro-2

1996年にドラフト2位の逆指名で福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフ
トバンクホークス)に入団し、2004年に三冠王を獲得するなど球界を代
表するバッターとしてホークス一筋で活躍。

2014年現在、現役で唯一の打撃三冠王達成者となっています。

2000年にフリーアナウンサーの林恵子と結婚しています。

②福盛和男(元楽天)福元英恵(元フジ)

pro-3

pro-4

1994年にドラフト3位で横浜ベイスターズに入団すると中継ぎとして活
躍し、楽天移籍後は抑えとしてチームを支えてきました。

その後メジャー挑戦した後、再び楽天に戻り2010年のオフに引退。

現在は叔父の経営する携帯電話の販売・修理会社で、取締役を務めてい
るとのこと。

2004年に当時フジテレビアナウンサーだった福元英恵と結婚しています。

③川岸強(元楽天)高山香織(元メ~テレ)

pro-5

pro-6

2003年にドラフト7位で中日ドラゴンズに入団、2006年オフに戦力外通
告を受けた後、楽天の入団テストを受け合格。

楽天では中継ぎとして活躍したものの2012年に戦力外通告を受け引退。

引退後は球団職員としてチームに留まりました。

2006年に元名古屋テレビアナウンサーの高山香織との婚約を発表、12月
に入籍し、2人の子供をもうけています。

sponsored link

④松田宣浩(ソフトバンク)柴田恵理(元KBC)

pro-7

pro-8

走攻守の三拍子が揃った選手で、2005年に希望入団枠で福岡ソフトバ
ンクホークスに入団すると2006年の開幕戦に新人ながら7番・三塁手とし
てスタメン出場を果たすなど、1年目から存在感を放っていました。

2008年にレギュラーに定着し、現在も主力として活躍中。

2008年10月に九州朝日放送アナウンサーの柴田恵理と結婚しています。

⑤田中賢介(日本ハム)西森千芳(元札幌テレビ)

pro-9

pro-10

1999年にドラフト2位で日本ハムファイターズ(現・北海道日本ハムフ
ァイターズ)に入団。

広角に打球を打ち分ける打撃と二塁手として2006年から5年連続でゴー
ルデングラブ賞を受賞するなど、堅実な守備で活躍してきました。

2012年オフに海外FA権を行使し、メジャー挑戦を表明。

サンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んだもののメジャ
ーの壁は高く、現在は自由契約となっています。

2012年に当時札幌テレビアナウンサーだった西森千芳と結婚しています。

関連記事⇒【画像】なぜこんなに多い?プロ野球選手と女子アナの結婚~セ・リーグ編その①~はコチラ♪

関連記事⇒【画像】なぜこんなに多い?プロ野球選手と女子アナの結婚~日本人メジャーリーガー編その①~はコチラ♪

以上【なぜこんなに多い?プロ野球選手と女子アナの結婚~パ・リーグ編その①~】についてお伝えしました!

sponsored link

コメント