二日酔いのつらい吐き気と頭痛の対処について!


sadness-513527_640

新年会、忘年会、女子会、合コンなどなど楽しい飲み会でついつい飲み過ぎてしまい、次の日に二日酔いでつらい思いをされた経験ありますよね??(というか、二日酔いで苦しいからこのページにたどり着いたんですよね。。)

ということで今回はそんな二日酔いで苦しんでいるあなたに吐き気や頭痛の対処についてお伝えしていきたいと思います!

sponsored link

吐き気や頭痛の原因

二日酔いの主な症状として【吐き気】【頭痛】がありますが、この症状が起こる原因として最も多いのが“脱水”によるものです。

よく、夏場の暑い日に「限界まで我慢して飲むビールは最高だー!」なんてことを言って、汗ダラダラになりながら何も飲まずにビールを飲むまで我慢している人っていますよね?

確かにそんな状態で飲むビールは格別においしいですが、これって実はめちゃくちゃ危ない行為なんです。

アルコールにはコーヒーなどと同様に利尿作用があって、お酒を飲んだ量以上の水分が体から出ていってしまうんです。

だいたい飲んだ量の倍、例えばビール大ジョッキ(500mlぐらい)を2杯飲むと、約2倍の1Lの水分が体内から出ていくんです。

なのでこういう人は夏場の暑い環境で大量の汗をかいているうえに、さらにお酒で体内の水分を出してしまっているのでホントに危険で、ある意味自殺行為に等しいです。

居酒屋なんかで飲んでいると、ずっと飲んでるはずなのに、飲めば飲むほどなんだか口の中がパサパサになって、喉が渇いたような感じがするな~なんて経験ありませんか?

これもお酒を飲むことによる脱水状態になっているんですね。

お酒を飲むときにはこまめな水分補給をすることが大切なんです。

よく「酒の席で水なんか飲むんじゃねぇ!」なんてわけのわからないことを言う上司などいますが、こういう発言は無視してガンガン水分補給して下さいね。

さて、そんな脱水症状が二日酔いの吐き気や頭痛を引き起こすのですが、さらに脱水症状になる事でアルコールの分解が出来なくなり、なかなか回復しなくなってしまいます。

そこで最も効果的なのが水分補給、つまり「水を飲む」ということです。

「当たり前じゃねーか!知ってるわそんな事!!」

と思うかもしれませんが、この水分補給と時間の経過という当たり前のことが最善の対処法なんです。

ただ、これで終わってしまっては申し訳ないので、プラスアルファとして、その水分補給でも「これはいい!」というものと「これはNG!」といったものを紹介しておきます。

sponsored link

「これはいい!」二日酔いにオススメの飲み物

スポーツドリンク

水をたくさん飲んでアルコールを薄めること、脱水状態を和らげることはとても重要なことです。

ただ、普通に水だけを飲み続けるよりもプラスとしてスポーツドリンクを飲むことをオススメします。

スポーツドリンクには糖分とビタミンが含まれていて、その糖分とビタミンが肝臓の働きを良くしてくれるので、アルコールの分解を助けてくれることにより大きな効果が期待出来ます。

一つ注意してもらいたいのが、このスポーツドリンクですが、常温のものを飲むようにして下さい。

二日酔いの場合、アルコール摂取による胃酸過多で胃が弱ってしまっていることがあります。

そんな状態のときに冷たいものを飲むと弱った胃を刺激してしまい、大きな負担になります。

常温のものを飲むようにしましょう。

最近だと、コンビニでもジュースの常温コーナーを設けていたりと大変便利になっていますよ。

「これはNG!」二日酔いにオススメしない飲み物

冷たい水

お茶

コーヒー

冷たい水は先述したとおり、弱っている胃への負担が大きくなるので常温のものを飲むようにしましょう。

お茶とコーヒーには利尿作用のあるカフェインが含まれていてアルコール同様、水分がたくさん出ていってしまうのでよくないです。

他にも刺激物など胃への負担が大きいものは避けるようにしましょう。

常温の水とスポーツドリンクをたくさん飲んで、ゆっくり寝ているのが一番の対策になります。

それと、もう一つ気をつけてもらいたいのが汗をかいてアルコールを抜こうとサウナやランニングといった運動をやってしまう人がいますがこれはダメですよ。

お分かりだと思いますが、サウナやランニングをやったところでアルコールは抜けないし、脱水症状を引き起こしてしまうだけで何もいいことはありません。

ここまで色々お話ししましたが、一番の対策は「飲み過ぎないこと!」です。

自分の限界を見極めてお酒の量を調節し楽しく飲んで下さいね♪

sponsored link