かんたん裏ワザ!傘の防水機能を復活させる方法♪


c32f21fbfe7940d061904a8c5a67c880_s

お気に入りの傘も長年使い続けていれば、だんだんと雨を弾かなくなってきますよね?

その原因は撥水効果の低下が原因なんです。

防水スプレーを使って対策することも出来るんですけど、今回お教えする裏ワザを使えば簡単に撥水効果を復活させることができるんです!

sponsored link

撥水加工はフッ素樹脂

多くの傘は撥水加工にフッ素樹脂というものが使われています。

そんなフッ素には水を水滴化し、繊維が濡れるのを防いでくれる働きがあります。

ただ、このフッ素も使い続けていれば当然、汚れや摩擦により効果も薄れてきてしまうのです。

sponsored link

ドライヤーでもと通り♪

長年の汚れや摩擦によって弱くなってしまったフッ素を復活させるのに効果的なのが“熱”を加えることです。

そこで役立つのが“ドライヤー”です。

5fb5515e78953c09abb8bc263279f579_s

どこの家庭にも必ずあるものですよね。

このドライヤーを使うことで傘の撥水効果を復活させることができるんです。

手順は簡単で、ドライヤーを10cmほど離した状態で全体にまんべんなく温風をかけるだけです。

ちなみにドライヤーをあてる時、傘は完全に乾いた状態にしておいてくださいね。

これでバッチリ撥水効果ももと通りになっているはずです。

ただ、これはフッ素加工をしている傘だけでしか使えない裏ワザなので、それ以外の傘でやっても効果はありませんのでご注意を。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする