知ってますか?天気予報の「一時雨」と「時々雨」の違い


bs150909425519

普段何気なく天気予報を見ていると、微妙な言葉の違いについて「あれ?これって何が違うんだろう?」なんて疑問を抱いたことってありませんか?

例えば「一時雨」「時々雨」

なんとなく似ているように思いますが、これがどう違うのかって詳しいことまではわからないですよね?

ということで、今回は天気予報でよく耳にする「一時雨」「時々雨」の意味についてお伝えしていきたいと思います!

sponsored link

一時雨とは?

まず「一時雨」についてですが、この“一時”という意味として、気象庁のホームページで掲載されているものを紹介すると、、

「現象が連続的に起こり、その現象の発現期間が予報期間の1/4未満のとき。 」

【気象庁ホームページより参照】


といった意味になります。

わかりやすく言えば、24時間のうち6時間を超えない範囲で雨が降り続けるということですね。

どのタイミングで降るのかはわからないけど、一度ザーッて降ってしまえばもうそれでおしまいっていうのが「一時雨」です。

sponsored link

時々雨とは?

続いて「時々雨」についてですが、これまた気象庁のホームページで“時々”という言葉を調べたところ、、

「現象が断続的に起こり、その現象の発現期間の合計時間が予報期間の1/2未満のとき。」

【気象庁ホームページより参照】


という意味で解説されていました。

どういうことかというと、24時間のうち12時間を超えない範囲で雨が降りますよってことなんですが、先ほどの「一時雨」の場合、連続して降り続けるのですが、この「時々雨」の場合には“断続的に降る”というところで違いがあります。

まとめますと、「一時雨」なら、一度雨が降ってしまえばそれで終わりなんですが、「時々雨」だと降っては止んでっていうのが繰り返されるので、傘を手放せずちょっと面倒くさいんだなぁっていうふうに思って頂ければいいのかなと思います。

「一時雨」と「時々雨」。

似ていますがこういった違いがあったんですね。今後天気予報を見るときの参考にしてみてくださいね。

関連記事⇒【かんたん裏ワザ!傘の防水機能を復活させる方法♪】はコチラ♪

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする