気になる汗のにおいや体臭の原因は?|体臭を和らげるための5つの対策&改善方法


089985

湿気の多い梅雨のジメジメした時期や、夏の暑い時期に気になるのが“汗のニオイ”ですよね。

汗には「エクリン腺」「アポクリン腺」から分泌される2種類のものがあって、暑い時などにかく汗は主に「エクリン腺」から分泌されるもので、「アポクリン腺」から出される汗はワキや陰部といったところから多く分泌され、この汗には脂肪や尿素、アンモニアといったものが含まれていて独特なニオイを放ちます。

sponsored link

ワキガはこの「アポクリン腺」が多いことが原因となっています。

逆に「エクリン腺」から分泌される汗というのは、かいたばかりの時はほとんどニオイがしないというのが大きな特徴となっています。

エクリン腺

暑い時にかく汗

基本的には「無臭」

アポクリン腺

ワキや陰部から多く分泌

ニオイがキツイ

最初は無臭だけど次第にクサくなる

「エクリン腺」から分泌される汗はほとんどニオイがしないという特徴がありますが、この汗も放置しておくと時間と共に段々とクサくなっていきます。

その理由としては、皮膚の上には“常在菌”というものが存在しているのですが、この菌が水分と栄養分によって増殖していきニオイのもとを作っていきます。

この菌が増殖していくことで無臭だった汗が段々と臭ってくるようになり強烈なものになっていってしまうのです。

ちなみに1日中履いた靴から出てくる悪臭もこのエクリン腺からの汗から菌が増殖したことが原因となって起こります。

梅雨や夏場に汗臭が目立つのはこういった理由からだったんですね。

それでは次は対策と改善方法をみていきましょう♪

モワッとくる汗のにおいや体臭を和らげるための5つの対策&改善方法

汗は放置しておくことでニオイが増してクサくなっていきます。

とくに夏場は体温調節のために否が応でも汗をかいてしまいますよね?

ただ、汗をかかないなんてことは不可能なので、ここでは少しでもニオイのもとを断つための簡単にできる5つの対策・改善方法をお伝えしていきたいと思います。

汗のニオイ対策&改善方法

今すぐできる簡単5項目

①汗はこまめに拭き取ろう

②保湿も忘れずに

③首やワキを冷やして汗を減らそう

④服装に気をつけよう

⑤お風呂にはつかりましょう

sponsored link

①汗はこまめに拭き取ろう

これは基本ですね。

菌の増殖を防ぐためにも面倒臭がらずに拭き取ることを意識しましょう。

この一手間だけでもずいぶんと変わってくるはずです。

②保湿も忘れずに

汗を拭き取ることはとても大事なんですが、肌には汗を蒸発させ体温調節をするためにある程度の水分が必要です。

なので、拭き取る際にはウエットシートなどを使って水分を残してあげることを意識するとなおいいでしょう。

③首やワキを冷やして汗を減らそう

首やワキには太い血管があり、そこを冷やすことで冷たい血が体をめぐって体温を下げることができます。
保冷剤などで冷やすと汗を減らせるので予防になります。

④服装に気をつけよう

服の中で汗がこもって蒸発しなければニオイのもとになるので、吸水性がよく通気性のいいものを着るようにしましょう。

最近では快適に過ごせる速乾性のあるインナーもたくさん出ているのでシャツやTシャツの下に一枚着るだけでまとわりつくのを抑えることができて便利です。

⑤お風呂にはつかりましょう

夏の暑さを乗り切るために、夏本番を迎える前まではしっかりと湯船につかることを心がけましょう。

真夏に湯船につかると熱中症が怖いので、暑さのピークを迎える前までにしておくことが重要です。

あらかじめ汗腺を刺激しておくことで、少ない汗の量で体温調節ができる体が出来上がるので、是非とも取り入れてみてください。

いかがでしたか?

どれも簡単にできる方法ばかりでしたよね。

あなたがもしニオイの悩みを抱えているのなら“はじめの一歩”としてここから始めてみてはいかがでしょうか?

最初は面倒かもしれませんが、これぐらいならすぐに慣れて習慣化できると思うのでぜひ頑張ってみて下さい♪

おすすめデオドラント剤はコチラ⇒ワキガ対策・わきがに悩んでいる方のためのデオドラント専門ブランド『デオラボの薬用ミョウバンクリーム』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする