油断大敵!冬でもワキガはキツくなる?しっかりケアしよう!


104743

アポクリン腺の汗が原因で起こるワキガは、たくさん汗をかく夏にこそニオイがきつくなるというのが一般的な考えだと思いますが、実は汗をかくことが少ない冬であってもニオイがきつくなることがあります。

sponsored link

冬にワキガがきつくなる理由とは?

「汗が少なくなるのにどうして冬でもワキガ臭がきつくなるの?」と思うかもしれませんが、実はこの“汗の量が減る”ということがニオイがきつくなる大きな理由となっています。

汗が減ってしまうと汗腺の働きが低下してしまい、汗をかかなくなります。

こうなることで本来汗によって流されるはずであった老廃物がだんだんと溜まってしまいます。

老廃物が溜まっていくということは、それだけニオイ成分が濃くなっていくということなので、暖房の効いた部屋などでほんの少し汗をかいてしまうだけで凝縮されたニオイのキツイ汗が出てしまうのです。

また、冬は夏と違い水分補給も少なくなるうえに、空気も乾燥していて気づかないうちに脱水気味になっていることもあり、こういったことも汗をかかなくなる要因となります。

さらに冬は夏に比べて衣類も通気性より保温性に優れた作りになっているため、ニオイがこもってしまうといったこともニオイがキツくなる原因となっています。

こういったことから冬でも夏同様にワキガ臭を発してしまうことが起きてしまうのです。

sponsored link

しっかりケアしよう

こうした冬のワキガに対してはしっかりとしたケアをすることが大切です。

お風呂につかる

お風呂につかることで汗腺の働き低下を防ぐことができます。

また、体を温めることで汗腺の働きを助けるだけでなく、リラックス効果も得られます。

なのでシャワーだけでなくしっかりお風呂につかることを心がけましょう。

水分補給をこまめに

冬は夏に比べ極端に水分補給が少なくなります。

「喉が渇いてないからいいや」

なんて思っていても実は空気の乾燥の影響などもあり脱水状態になっていることもあります。こまめな水分補給を心がけましょう。

保湿をしよう

乾燥すると皮膚は皮脂を出そうと働きます。

そうするとニオイがでてきてしまうので、しっかりと保湿クリームを塗るなどケアしておきましょう。

しっかりと対策をすることで防げることはたくさんあります。

出来ることから始めてみてください。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする