なぜ?ワキガが自覚しにくい理由について


111591

生きていくうえで体臭が出てしまうのは仕方がないことで、誰もが少なからず体臭を発しています。

もちろん、その差は人それぞれなんですが、そんな中でも特に『ワキガ』はあの独特の鼻を刺すニオイな特徴的で、周りの人から察知されやすいですよね。

しかし、不思議なことにワキガは強いニオイを発するにも関わらず当の本人には自覚症状がない場合が非常におおく、指摘されるまで気づかないことも珍しくありません。

sponsored link

気づかないのは少しずつ症状が悪化していくから

理由として、ワキガはある日突然なるものではなく、徐々に発生して少しずつ症状が悪化していくので自分の鼻も知らないうちにそのニオイに慣らされていくため、周囲の人たちにとっては強烈に感じるほどに悪化していても本人は気づいていないといったことが起こりえてしまうのです。

こういったことから、ワキガであるかどうかというのは自分でしっかりとチェックをやって調べないことにはなかなか気づくのが難しいです。

かといって周囲の人もデリケートなニオイのことを指摘するのはなかなかできないので、やはりセルフチェックをするなどして調べる必要があるでしょう。

ワキガのセルフチェックはとても簡単なので一度試してみてください。

ワキガのセルフチェック⇒【自分でできる簡単ワキガ診断!6つのポイントをチェックしよう♪】はコチラから♪

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする