脇汗の黄ばみ落としには重曹を使おう!


084919

汗をたくさんかく暑い時期に気になるのが衣服に付着する黄ばみ

お気に入りのシャツが黄ばみのせいで台無しになってしまった経験なんてありませんか?

今回はそんな頑固な黄ばみ汚れの落とし方についてお伝えしていきます!

sponsored link

黄ばみの原因

まず、黄ばみの原因として【制汗剤によるもの】【アポクリン腺からの汗によるもの】といったものが挙げられます。

【制汗剤によるもの】が原因の黄ばみは、体質に合わない相性の悪い制汗剤を使用していることで起こるものなので、こういった場合は一定期間使用するのをやめたり、制汗剤を違うものに変えるなど対処することで解決することができます。

【アポクリン腺からの汗によるもの】に関して、アポクリン腺というのはワキや耳の中、陰部といった箇所に存在するもので、ワキガの原因となるものです。

このアポクリン腺から出される汗には、タンパク質や脂質といったものが含まれているためにあの独特のニオイを放ち、さらにここから排出される汗には“リポフスチン”という色素が含まれていて、この色素が衣類の黄ばみの原因となっています。

“リポフスチン”による黄ばみは非常に頑固で、洗濯機で洗ってもなかなか落とせないのが特徴です。

sponsored link

重曹を使おう

そこで役立つのが“重曹”です。

重曹とは食品添加物や掃除用具として用いられるなど、安全で安価なことから幅広く使用されているのですが、この重曹には漂白効果もあります。

重曹の使い方は簡単で、500mlの水大さじ一杯程度の重曹を入れ混ぜます(ペットボトルだと、フタを閉めて振れるので便利です)。

混ぜ終わったらこの重曹水を洗面器など大きめの容器に移し、黄ばみの気になる箇所をつけ込んで一晩置き、そのままいつも通りに洗濯すればキレイに黄ばみ汚れを落とすことができます。

頑固な黄ばみには漂白剤をプラス

上記のやり方で大概の汚れは落とせますが、万が一落とせなかった時の場合には重曹にプラスして漂白剤を使うやり方もあります。

ただし、このやり方は色柄物でやると色落ちしてしまうので白い衣類限定となっています。

漂白剤は塩素系と酸素系がありますが、使用するのは“酸素系漂白剤”です。

重曹と漂白剤を1:1の割合で混ぜるとペースト上の液体ができるので、この液体を黄ばみに塗布してください。

ちなみに混ぜる時はペットボトルなど、密封してしまうものは破裂の原因になるので皿などを使ってください。

塗布したらアイロンのスチームもしくはアイロンの温風を当てます(漂白剤は40℃の時に効果が高くなるので)。

そのあとはいつも通りに洗濯機で洗うだけで大丈夫です。

お気に入りだけど黄ばみがついてしまって着れないという洋服があるのなら是非とも一度試してください♪

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする