黒木瞳主演NHK BSプレミアドラマ『嫌な女』あらすじやキャストなど詳細について


いや

黒木瞳主演のNHK BSプレミアドラマ『嫌な女』が2016年3月6日よる10時から放送開始となります。

この作品は桂望実の小説が原作となっていて、2016年6月16日には映画版が公開予定となっています。

なお、映画版では黒木瞳が監督を務め、キャストは吉田羊と木村佳乃のダブル主演となっています。

黒木瞳とってはこれが初監督作品であり、また、吉田羊にとってもこれが映画初主演作とのこと。

今回のドラマ版は映画に先駆け、全6話での放送予定となっています。

sponsored link

あらすじ

37歳遅咲きの弁護士で、何事にも真面目な石田徹子(黒木瞳)が働く法律事務所にある日一本の電話が入る。

その相手は親戚の小谷夏子(鈴木保奈美)であり、夏子とは子供の頃に会ったきりだったが、話を聞くとなんでも元婚約者とトラブルになっているようで、なんとかしてほしいとのこと。

これがきっかけで夏子のことを調べ出した徹子は、彼女が男を手玉に詐欺を働く詐欺師ということを知っていく。

この再会をきっかけに徹子と夏子の20年にわたる物語が始まる。

sponsored link




キャスト一覧

石田徹子(いしだ てつこ)・・・黒木瞳

小谷夏子(こたに なつこ)・・・鈴木保奈美

坂口博之(さかぐち ひろゆき)・・・勝村政信

磯崎賢(いそざき けん)・・・塚本高史

藤田みゆき(ふじた みゆき)・・・秋元才加

石田琴(いしだ こと)・・・松原智恵子

荻原道哉(おぃわら みちや)・・・古谷一行

sponsored link