効果的に痩せよう!話題のおにぎりダイエット方法について♪


4b31f83de077bcd06b13959da4de391e_s

これまでご飯やパンといった“炭水化物”はダイエットにおいてNGとされてきました。

テレビのダイエット企画などでも、炭水化物は当然のようにいけないものだと避けられ、高タンパクのササミや野菜といったものを中心に摂取することが望ましいと言われてきました。

しかし、最近では音楽プロデューサーのつんく♂であったり、人気グループEXILEメンバーが実践した『おにぎりダイエット』というものが話題となっています。

おにぎりはご飯でできているのでもちろん炭水化物なのですが、本当にダイエットに効果があるのでしょうか?

今回はそんな『おにぎりダイエット』について詳しくお伝えしていきます。

sponsored link

メインはおにぎり

おにぎりダイエットのメインは、その名のとおり“おにぎり”です。

1日3食おにぎりをメインとした食事をしていくのですが、この目的には体質改善を図ることにあります。

期間は体内環境が変わるとされている3週間を目標に行うのですが、このダイエット法に適しているのは肥満の方や、中肉でやや体型が気になるという方で、ある程度痩せている方にはあまり効果は実感しにくいものとなっています。

実践方法

おにぎりダイエットの実践方法についてですが、基本的に1日の2合程度のおにぎりを3食に分けて食べていきます。

目安としては朝に1~2個、昼に2個、夜は少なめで1個が好ましいです。

おかずは野菜のみで、サラダにする場合もノンオイルのドレッシングを使うようにしましょう。味噌汁は具を野菜にすれば飲んでも大丈夫です。

おにぎりの具には梅干しや昆布など、低カロリーのものを使いましょう。

肉魚はもちろん、お酒もこの期間は摂取しないことが大切です。

飲み物は水かお茶にして、糖分を含んだものは控えましょう。

sponsored link




期間を守ろう

おにぎりダイエットは体質改善を目的としているので、必ず3週間までと期間を守りましょう。

この期間は栄養素が不足しがちなので激しい運動はなるべく控え、サプリメントなどを摂取しながら無理なく行ってください。

このダイエットは5%の減量を目安として下さい。

・日本人は肉や魚の消化が苦手なので内臓に負担がかかる。

・お米は消化吸収しやすく、体内環境を整えるには最適の食べ物。

・体内環境を整えて痩せやすい体づくりを。

ダイエットに無理は禁物です。自分に合ったペースで行いましょう♪

関連記事⇒【ダイエット・朝と夜のランニング効果の違いについて】はコチラ♪

sponsored link