2016年プロ野球FA注目選手の動向(移籍&残留)について


c4843325ba39a9709fcab1597ec47af1_s

今年のプロ野球は、25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島カープを"二刀流"大谷翔平擁する日本ハムが下し、10年ぶりの日本一に輝き幕を閉じました。

大いに盛り上がった今シーズンのプロ野球。今回はオフシーズンの注目となったFA選手の動向についてお伝えしていきます。

sponsored link

大島洋平(FA行使せず残留)

2016年度成績
143試合 打率.292(599-175) 3本 27打点 26盗塁 出塁率.348 長打率.382 OPS.730

過去に球団と年俸調停寸前まで揉めるなど、流出が危ぶまれていましたが3度の交渉を経て推定年俸9000万円から大幅アップとなる1億5000万円の複数年契約を提示されFA権を行使せずに残留を表明。

平田良介(FA行使せず残留)

2016年度成績
118試合 打率.248(416-103) 14本 73打点 4盗塁 出塁率.358 長打率.411 OPS.769

国内FA権を行使しての移籍が有力視されていたが、球団との4度、合計10時間にも及ぶ話し合いの末FA権を行使せずに残留することに。推定7000万円から5000万円アップの推定1億2000万円の5年契約。

糸井嘉男(オリックス→阪神)

2016年度成績
143試合 打率.306(532-163) 17本 70打点 53盗塁 出塁率.398 長打率.451 OPS.849

昨年の不振から一転、今季は2年ぶりに打率3割を記録するなど完全復活を果たし、さらに、史上最年長となる盗塁王のタイトルを獲得するなど衰え知らずの活躍を見せた。シーズンオフの11月に国内FA権を行使し、交渉解禁となった11月11日にすぐさま阪神が契約交渉を開始し、金本監督も同席した。

交渉の中で金本監督からの「初めての恋人」と最大級のラブコールを受け阪神への移籍を決断。11月21日に契約合意が発表され、25日に入団会見が行われた。

契約期間4年の総額18億円以上(推定)の大型契約を結び、背番号はこれまで西岡剛が着けていた「7」を譲り受けてた。

sponsored link

陽岱鋼(日本ハム→巨人)

2016年度成績
130試合 打率.293(495-145) 14本 61打点 5盗塁 出塁率.359 長打率.430 OPS.790

チーム10年ぶりの日本一に貢献した日本ハムの看板選手。チームの若返りを図る球団と折り合いが付かず、日本シリーズ終了後の11月7日にFA権行使を表明。

公示直後にオリックスと楽天が獲得に乗り出し交渉を開始し、どちらかに入団するだろうと思われていたが「代理人に任せてある。年内に決まれば。」すぐに結論は出さなかった。

その後12月に入り大型補強を進めていた巨人が獲得オファーを出したところ急展開。陽は代理人を通じてオリックスへ断りの連絡を入れ、楽天も撤退することに。在京思考も強かったことから巨人入りを決意し14日に正式発表がされた。

契約期間は5年で総額10億円(推定)を超えると言われており、背番号は昨年引退した井端弘和が着けていた「2」に決定。

山口俊(DeNA→巨人)

2016年度成績
19試合 11勝 5敗 防御率2.86

5完投、3完封と先発で活躍し、自身初となる二桁勝利(11勝)を達成。巨人と中日が獲得に乗り出し、巨人は3年契約を、中日は5年で10億円を超える条件で交渉を開始。DeNAも引き留めるために好条件を提示していたが12月1日に巨人入りを表明し、5日に入団を正式発表した。

契約は3年総額7億円(推定)で、背番号は「42」。

森福允彦(ソフトバンク→巨人)

2016年度成績
50試合 2勝 1敗 16H 防御率2.00

左のワンポイントとしての起用法に満足していないことから国内FA権を行使。公示直後に巨人が獲得に乗り出し交渉を開始。ソフトバンクも残留交渉をしていたものの、12月1日に巨人入りを表明。

12月5日に同じくFAでの移籍が決まっていた山口俊と共に入団会見を行った。
背番号は「13」。

岸孝之(西武→楽天)

2016年度成績
19試合 9勝 7敗 防御率2.49

カーブと伸びのあるストレートを武器にルーキーイヤーから活躍。10年間で7度の二桁勝利を記録するなど、西武のエースとしてチームを支えてきたが、「必要とされる環境に身を置きたい。」との理由からFA権を行使。

残留も視野に入れていることを示唆していたが、楽天との交渉を続けていく中で野球を始めた原点である仙台でプレーすることを決意し、西武へ退団の意思を表明。

4年総額16億円(推定)の大型契約で合意したことを11月18日に発表。背番号は西武時代と同じ「11」。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする